グロムのEV版!? ヴェロシフェロの「ジャンプ(JUMP)」が11月のミラショーで初公開!【ミラノショー2022】

11月8日開幕のイタリア・ミラノショーに向けて情報公開が本格化してきた。地元イタリアを本拠地に中国で生産体制を築くヴェロシフェロ(VELOCIFERO)」がジャンプを初公開! ミラノショーで価格を発表し、中国、欧州、米国で発売予定だ。日本での発売は予定されていないが、こんなEVなら欲しい!?

ヴェロシフェロは、イタルジェット創業者の一族が創設したモビリティカンパニーで、電動キックボートやEバイクなどをラインナップ。2022年は12万台の生産台数を計画している新興ブランドだ。社名のヴェロシフェロは、1994年に発売されたイタルジェット社のスクーターの名称で、創業のルーツを掲げている。

同車が11月8日のミラショーに向けて開発したのがこの「ジャンプ」で、日本国内では原付2種(51~125cc)に相当しそうなモデル。前後12インチホイールのネイキッドスタイルに縦2眼のヘッドライトはまるでホンダのグロムと言えるスタイルだ。

だが、そのインパクトはグロム以上に強烈。ダイヤモンドフレームやシートレールの独特な構成がそのまま車両外観になるなど、EVならではのシンプルさと未来感に満ち溢れている。ひと昔前であれば、コンセプトモデルで終わりそうなデザインだが、ジャンプは間もなく発売される市販予定車なのだ。

View more